geinou-yamashirogumi__osorezan-dounokenbai

芸能山城組 – 恐山 銅之剣舞

geinou-yamashirogumi__osorezan-dounokenbai

「恐山 銅之剣舞(どうのけんばい)」は、芸能山城組が1976年1月20日にビクター・レコード第一スタジオにて録音したファースト・アルバム。それぞれ組曲形式の「恐山」と「銅之剣舞」の二曲が収められている。「恐山」はロック形式のツインギタークインテットと芸能山城組がぶつかり合う攻防を、「銅之剣舞」は読経や義太夫を取り入れたコーラスからケチャへと至る芸能山城組のコーラスを満喫できる曲となっている。

続きを読む
ガレージシャンソンショー「ガレージシャンソンショー」(2003年)

ガレージシャンソンショー – ガレージシャンソンショー (2003)

ガレージシャンソンショー「ガレージシャンソンショー」(2003年)

ガレージシャンソンショーは、山田晃士と佐藤芳明によるヴォーカル/ギター・アコーディオン・デュオのガレージシャンソンショーが、2003年にキング・レコードよりリリースしたファーストアルバム。ガレージシャンソンとは、シャンソンだがそのブルジョアジー的要素を排除し、内面をさらけ出す彼等独自の表現法のようだ。それをたった二人だけで表現するのがコンセプト。時に拡声器を使い、タブラマシンを入れてみたり、ピアノを取り入れたりもするが、トラは入れない。二人だけで、ガレージシャンソンを演奏するのだ。

続きを読む
シャバン・バイラモヴィッチ「ア・ジプシー・レジェンド」(2001)

Šaban Bajramović – A Gypsy Legend (2001)

シャバン・バイラモヴィッチ「ア・ジプシー・レジェンド」(2001)

「ア・ジプシー・レジェンド(A Gypsy Legend)」は、シャバン・バイラモヴィッチ(Šaban Bajramović)が2001年にワールド・コネクションよりリリースした作品。編曲及び演奏は、モスタル・セヴダ・リユニオン(Mostar Sevdah Reunion)。モスタル・セヴダ・リユニオンのプロデューサー、ドラギ・シェスティッチ(Dragi Šestić)が、ユーゴスラビア紛争の余韻の残る中、6か月に及ぶ捜索の末にシャバン・バイラモヴィッチを見つけ出し録音にこぎつけた。

続きを読む
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ「オン・ステージ~日本の古典芸術~」(1972)

東京キューバン・ボーイズ – オン・ステージ~日本の古典芸術~ (1972)

見砂直照と東京キューバン・ボーイズ「オン・ステージ~日本の古典芸術~」(1972)

「オン・ステージ~日本の古典芸術~」は、見砂直照(みさごただあき)と東京キューバン・ボーイズが、1972年に日本コロムビアよりリリースした作品。東京キューバン・ボーイズの名称を越えて、キューバ音楽に止まらず更なる表現を追求していった意欲作で、日本の古典や民謡を当時最新の方法論を用いて表現している。全曲の編曲を担当しているのは前田憲男。2012年12月5日に日本コロムビアの「Dig Deep Columbia」シリーズの第3弾として初CD化された。「Dig Deep Columbia」シリーズ第3弾では、見砂直照と東京キューバン・ボーイズ「Holiday In Okinawa 組曲”あがらうざ” ~沖縄民俗詩~」(1971年)も同時リリースされている。

続きを読む
Art Blakey & JM_1960_Like Someone In Love

Art Blakey & The Jazz Messengers – Like Someone In Love (1960)

Art Blakey & JM_1960_Like Someone In Love

「ライク・サムワン・イン・ラブ」は、アート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズが、 Englewood CliffsにあるVan Gelderスタジオにて、1960年8月7日と14日に録音した作品である。 しかし、本作がBlue Noteレーベルよりリリースされたのは1966年で、タイムラグがある。 本作でのジャズ・メッセンジャーズ構成メンバーは、リー・モーガン(tp)、ウェイン・ショーター(ts)、 ボビー・ティモンズ(pf)、ジミー・メリット(b)、アート・ブレイキー(ds)である。

続きを読む

今こそ聴くべき世界の音源を厳選してお届け。新旧の重要音源を効率良く聴く為のレビュー専門サイト。