浅川マキ – 裏窓 (1973)

浅川マキ「裏窓(1973)」

浅川マキが1973年にリリースした5作目のアルバム「裏窓」。オリジナルアルバムを浅川マキ自身がピックアップしたボックス、「10枚組・自選作品集 浅川マキの世界」にも本作は収められている。オリジナル曲、カヴァー曲ともにブルースを好んで用いており、初期の浅川マキを代表する作品といえるのではないだろうか。

本作は、スタジオ録音とライブ録音が混在した作品で、「裏窓(1973.4.13 明大前キッド・アイラック・ホール)」、「セント・ジェームス病院(1973.6.15 神田共立講堂)」、「ロンサム・ロード(1973.6.15 神田共立講堂)」がライブ録音となっている。メンバーは、浅川マキ(Vo)と荻原信義(G)、富倉安生(B)、小松崎政雄(Ds)を軸に、白井幹夫(P)、渋谷森久(Organ)、斉藤伸雄(Perc)、南里文雄(Tp)、市原宏祐(Cl)が入れ替わり演奏に参加する。

浅川マキはレリーフ上で「トラブル・イン・マインド」を推している。この曲はRichard M. Jonesが1924年にリリースしたブルースで、Barbara Dane, Nina Simone, Ella Fitzgerald他、多くの歌手に歌われているブルース・スタンダード・ナンバー。浅川マキは、この歌詞に明確に自殺を印象付ける訳をつけて歌っている。その他にも、劇作家・寺山修司が作詞したタイトル曲「裏窓」、Joe Primroseの「セント・ジェームス病院」、浅川マキ作詞作曲の「町の酒場で」等、トラックを進めるにつれ浅川マキの世界観に引き込まれていく。

01 こんな風に過ぎて行くのなら 浅川マキ; 浅川マキ
02 裏窓 寺山修司; 浅川マキ
03 あの男が死んだら; When That Man Is Dead And Gone Irving Berlin; 浅川マキ
04 セント・ジェームス病院; St.James Infirmary Joe Primrose; 浅川マキ
05 ロンサム・ロード; Lonesome Road Gene Austin; Nathanel Shilkret; 浅川マキ
06 引越し 浅川マキ; 浅川マキ
07 トラブル・イン・マインド; Trouble In Mind Richard M. Jones; 浅川マキ
08 翔ばないカラス 真崎守; 浅川マキ
09 町の酒場で 浅川マキ; 浅川マキ
10 ケンタウロスの子守唄 筒井康隆; 山下洋輔

浅川マキ(Vo,Perc),荻原信義(G):01-10;
富倉安生(B):01-09;
小松崎政雄(Ds):01-02,04-09;
白井幹夫(P):01,07-09;
渋谷森久(Organ):04-06;
斉藤伸雄(Perc):01;
南里文雄(Tp):04-05;
市原宏祐(Cl):02

  • 1973
  • EMIミュージック・ジャパン
  • ETP-9087; TOCT-11252

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です