Baby do Brasil – Acústico (1998)

Baby do Brasil - Acústico (1998)

ノボス・バイアーノスのベイビー・コンスエロ、
1998年リリースのソロ10作目はベイビー・ド・ブラジル名義のアコースティック・ライブ録音。
ギター・ジャズ・カルテットの形式で洒落た編成。
しかし、さすがベイビー・コンスエロ、シャレオツには収まりません。
エルネスト・ナザレから自作曲、果ては、ボブ・マーリーまで演奏してます。
しゃれた展開あり、ウキウキする展開あり、思わず踊りたくなる作品。

続きを読む

Mine Geçili – Gece Kipikli Kadın (2010)

Mine Geçili - Gece Kipikli Kadın (2010)

ミネ・ゲチリがメガムジキより2010にリリースした初のソロ・アルバム。「芸術音楽」と訳されるトルコのインテリ音楽「サナート」。その歌手であるミネ・ゲチリが取り組んだのは、サナートを代表する作詞・作曲家で、歌手でもあるゼキ・ミュレン。時代を経てミネ・ゲチリが現代サナート歌手としてこのテーマの表現に取り組む。

続きを読む

いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー – アワー・コネクション (1977)

ayumi-ishida-and-tin-pan-alley-family_1977_hour-conection

いしだあゆみ、1977年のアルバム「アワー・コネクション(Our Connection)」は、
いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー(Ayumi Ishida & Tin-Pan-Alley-Family)名義。
ニュー・ミュージック界のアーティストが集結するも、主役を食うような形にはならず、
洒落たラウンジミュージックに仕上がっている。

続きを読む

浅川マキ – 裏窓 (1973)

浅川マキ「裏窓(1973)」

浅川マキが1973年にリリースした5作目のアルバム「裏窓」。オリジナルアルバムを浅川マキ自身がピックアップしたボックス、「10枚組・自選作品集 浅川マキの世界」にも本作は収められている。オリジナル曲、カヴァー曲ともにブルースを好んで用いており、初期の浅川マキを代表する作品といえるのではないだろうか。

続きを読む

Toni Iordache – Sounds From A Bygone Age Vol.4 (2007)

Toni Iordache 2007 Sounds From A Bygone Age Vol.4

東欧のハンマーダルシマー「ツィンバロム」奏者として名高いトニ・ヨルダケが、
ルーマニアの国営企業エレクトレコードに残していた1964年から1980年の録音。
これを、ドイツのアスファルト・タンゴが再発見し、
ベルリンでリマスターした2007年の作品。
超絶技巧のツィンバロムが圧倒的な情感を持って縦横無尽に駆け巡る。

続きを読む

今こそ聴くべき世界の音源を厳選してお届け。新旧の重要音源を効率良く聴く為のレビュー専門サイト。